敏感肌向け

スキンケアする女性

人によって肌の性質は違います。乾燥肌の人もいれば、脂性肌の人もいますし、混合肌というのもあります。
自分の肌の性質に合ったオールインワン化粧品を選ぶことが大切です。

トラブルが起きやすい

すぐに乾燥してしまう乾燥肌の人もいますが、毛穴が開いて脂質や水分が多い脂性肌の人もいます。
人によって、肌の性質は異なるので、自分の肌質を理解した上でオールインワン化粧品を選ぶ必要があります。
衣服のような軽い刺激でも、肌が反応してしまう、という人はトラブルが起きやすい敏感肌です。
敏感肌の人はスキンケア選びを慎重に行った方が良いです。
敏感肌に必要なスキンケアは、保湿力と保護力です。それを踏まえた上でオールインワンの商品を選びましょう。
現在では、敏感肌用のためのオールインワン商品も多いです。

植物成分

敏感肌用のオールインワン商品には、植物成分が使われていることが多いです。
シソ、カッコン、シャクヤクなどの和漢植物エキスや刺激が少ないですから、敏感肌の人でも使いやすいです。
刺激が少ないですが、効果はちゃんとありますから、十分実感できます。
セラミドが配合されていることも多いです。セラミドとは、皮膚の保湿成分のことです。
セラミドが配合されているオールインワンを使うことによって、保護機能アップにも繋がります。アミノ酸やビタミンなども肌に良いですから、商品を購入する時は、含まれている成分をチェックしましょう。
敏感肌の人は多いですから、化粧品ランキングで、敏感肌用のオールインワンがランクインしていることも多いです。

ゲルとジェル

美容クリームを手に取る女の人

化粧品は様々ありますが、オールインワンは様々な機能があるので、オールインワン1つだけを持っていても十分なスキンケアとなります。
オールインワンにはゲルとジェルがあり、それぞれ違いがあります。

水分たっぷり含まれている

化粧品ランキングで人気が高いオールインワンですが、オールインワンには水分、乳化剤、ゲル化剤、有効成分、防腐剤などが含まれています。
種類によっては、これに他の成分が加えられることもあります。
オールインワンゲルとオールインワンジェルがありますが、ゲルとジェルは名前が似ていますが、それぞれ違いがあるので購入する際は注意してください。
言葉としての意味では違いはありません。ゲルがドイツ語で、ジェルが英語という違いのみです。
しかし、オールインワンの商品で使われているゲルとジェルでは、意味が異なってくるのです。
ゲルはジェルよりも水分が少なめで、硬さや弾力があるオールインワン商品です。対して、ジェルは水分が多く含まれていて、みずみずしい物が多いです。

3つの工程

基礎化粧品を使用して、スキンケアをする場合は、化粧水、美容液、乳液3つの化粧水を使用する必要があります。
化粧水は保水の効果があり、美容液で肌に栄養を与えて、乳液を使って保湿の保護を行います。
つまり、スキンケアをする度に3つの工程を踏む必要がある、ということです。
準備が無い朝に3つの工程を踏むというのは、なかなか難しいです。急いでスキンケアをしたとしても、効果が薄れてしまいます。
しかし、オールインワンを使えば1回だけで、3つの工程と同じような効果を得ることができるのです。

おすすめの記事