レストランでする場合

結婚式は2人にとって大事なイベントです。現在は神社・教会の他にハウスウェディングやレストランウェディング等が行われています。特にレストランウェディングは1990年代は特に人気が高かったですが、現在はハウスウェディングも同じように人気となっています。レストランウェディングの特徴は、やはりレストランなので料理がおいしい点、またゲストとの距離が近くアットホームで行える点、さらには費用を一般的なチャペル結婚式よりも抑える事が出来る点などがあります。特にゲストとの距離が近いのは、レストランウェディングならではの特徴です。

 

レストランウェディングの相場は教会の式よりも安いですが、相場を気にせずにまず料理と雰囲気が納得いく場所を選ぶ事が大切です。またこのレストランウェディングは自由度が高い為に自分達や参加者で様々な催しものを考えて行う事が出来ます。凝りすぎてしまうと相場以上に費用が高くなることもありますので注意が必要です。参加者からの祝儀は一般の結婚式と相場は同じです。逆にあくまでもレストランで式場ではないので、通路が狭く移動がしにくい、親族の控え室が狭い、たばこの喫煙に関して厳しいところが多いなどの特徴があります。事前にわかっていれば対応できますので、下見をして準備をしておく事が大切です。レストランウェディングは式を行った後でもレストランなので何度も食事でこの場所に訪れる事も出来ます。記念日等に訪れる事で思い出の場所となる事が出来ます。

 

メニューを考える

ホテルや神社などで挙式するのではなく、レストランを貸切にするというレストランウェディングが人気です。その理由は様々です。レストランなので、当然、食事が美味しいという点は申し分ないはずですし、何よりもアットホームな雰囲気で楽しめるところが評判となっています。家族で外食をしているような雰囲気になるからです。もちろん、そんなアットホームな場所であっても一般的な外食よりは費用がかかります。相場を調べてみましょう。レストランウェディングの相場はインターネット検索によって知ることができます。もちろん、立地場所やメニュー、招待客の人数などによっても異なるので、これらの点は考慮しなくてはなりません。

 

一番、安くできるレストランウェディングとしては、会費制にすることです。一人1万円から1万5千円程度の会費にしましょう。これが相場と言えます。このくらいなら、ちょっといいレストランでコース料理をいただく時の料金です。これなら、出席する人も出しやすく、リーズナブルと言えます。もちろん、メニューもコースメニューとなるので、出席者もコース料理を外食しているという感覚で楽しめるはずです。一方、会費制にすることに抵抗があるのなら、新郎新婦が全ての費用を出しましょう。1万円のコース料理かける出席人数という形になり、さらに場所代や手間代がかかります。それでも、ホテルや神社で挙式をする時よりも安くできてお得です。このように、レストランウェディングの相場は100万円以下、50万円程度でできることもあると考えておきましょう。

おすすめの記事